縁が切れなければ本心がわからない件

昔所属していた会社の友人と久しぶりに会い、昔ばなしに花を咲かせていたのですが、ふとしたきっかけで、当時の社長さんに連絡してみようかということになりました。

まあ、挨拶くらい、近況報告と機会があればなにかビジネスでもできればと思って連絡したのですが、返ってきたのはなかなか挑戦的な返事

文面をここでさらすわけにはいきませんが、要するにこうゆうこと

「会社を辞めた人間とは付き合うつもりはない もう連絡するな」

ハイハイわかりましたよ。心が狭いね~まったく。

確かに会社を辞めたのは事実ですが、当時はそこまで険悪な感じで離職したわけではなかったので、この反応はちょっと意外でした。

まあ、表情に出さなかっただけで怒り心頭だったのかもね。

でも、今回改めて分かったことは、経営者と従業員はどこまで行っても分かり合えないってことです。

経営者は会社の存続を第一に考える責任上、従業員を人としてではなく労働力として見なければならないのです。

もちろん温情がある経営者も多いし、そうゆう人が上に立つべきだとは思います。

でも、究極的には従業員は労働力です。

だって使えないやつを温情で使い続けるのは良い経営者ではありませんからね。まあ個人経営の企業であればOKですが、上場企業では株主が黙っていません。

人間を、金銭的価値、要は会社にとって使える人間か使えない奴かで判断するしかない仕事なのです。経営者の宿命。

でも、会社を離れたあとは、人間対人間の付き合いになります。なので冒頭の、かつていた会社の社長さんの本心がはっきりと出てきます。つまり

お前たちは単なる労働力にすぎなかったのだよ。友達とでも思っていたのか?クソがっ!

というトネガワ(カイジの悪キャラ)張りの考えです。

まあ、お互いの利害関係があるうちは、相手の本心なんて分からないですからね~

でも縁が切れて、始めて相手の本心を知るわけ。

とまあ、毒は十分吐いたので今日はこの辺で。

ダイナミックポートフォワードはSOCKSだけ設定する件

SSH経由でのダイナミックポートフォワードをしてハマったのでメモ

ダイナミックポートフォワードと言うのは、SSHがSocksプロキシとなり、Socks通信をすべてSSHサーバからプロキシ転送する機能です。たとえば

ssh -D 9999 XXXXX@XXXXX(SSHのサーバ)

とすると ローカルの9999ポートへのアクセスはSSHサーバがSocksプロキシとなって外部につなげることができます。

私の場合は特定のIPアドレスしか許可しないお客さんのWEBサーバにアクセスするために設定しました。

自宅のパソコンは固定IPじゃないんで、契約している固定IPのサーバ経由でWEBアクセスしてやるわけ。

先のコマンドを打って、ブラウザのプロキシ設定で localhost 9999 にしてやれば動くはずだね。

が!動かない。

ネットワークの設定がおかしいのかと思いローカルフォワードにしてやったら動くね。

でもローカルフォワードだとアクセス先のサイトが限られてしまうので、汎用性が低いんですよ。っていうかサイトによっては使いものにならないケースが多い。

で、うにゃうにゃすること1時間、あることに気づきました。

ダイナミックフォワードは SOCKS のプロキシです。

なので他のプロキシはオフにしないとダメだったのです。もう少し細かく説明します。

私はCHROMEをつかってプロキシ設定していたのですがHTTPもSECUREもプロキシ設定にしていました。

なのでコッチが優先的に使われSOCKSプロキシが使われなかった模様

当然ダイナミックフォワードにはならんわけです。

ダイナミックフォワードを使いたかったらSOCKSだけプロキシ設定すべし!

が今日得た教訓です。

ではでは今日はこの辺で。

年とったら仕事は無い件

昔いた会社の先輩が転職しました。

とは言っても円満転職とは程遠く、会社の経営が傾いてリストラにあったのです。

年齢も50代なので、再就職もかなり大変だったようです。

正直、どれだけスキルがあっても、経験があっても50代というだけで書類審査さえ通らないのが現実だそうです。

そうゆう話を聞くと、マズイなあと思います。私も年取ってきたし。

ここで私も含めて、スキルマニアの方々に警告しておきます。

スキルなんてのは若いうちだけ意味があるのであって年とったら意味ないのです!!

じゃあ、先の先輩はどうやって再就職したかというと、結局知り合いの会社に入ったそうです。

スキルなんかよりも人間関係です!

もうちょっと広く解釈すると、スキルではなくて個人としてどれだけ信用を持っているかが、年とってから効いてくるってことですね。

私もスキル教なところがあるので、自戒したいと思います。どれだけの人に信頼されているかと言われれば、正直心もとないです。

暦も12月になったので来年の目標は、信用される人になる。仕事がほっておいても入ってくるようになる。

としたいと思います。具体的にどうするかはこれから1か月で検討です。

 

ではでは今日はこの辺で

 

 

AWSを使ってみた感想

ここ2週間ほど、AWSをお試しで使ってみました。その感想を書いてみます。

ちなみに私はさくらのクラウドで3サイトほど立ち上げた経験があり、クラウドに関しては全くの素人では無いのですがAWSは未経験。

まずどうやって勉強したら良いのか?ですが、開発者用の無料利用アカウントが提供されているので、まずはアカウントを作るのが良いと思います。

実は、最初にいくつか本を買って学習を開始したのですが、この手の本は言葉の解説とか概念の説明には向いているのですが、肌感覚で理解するには向いていなかったです。

プログラミングと一緒で、とりあえず作ってみないとなんとなく理解できない。

しかも、AWSのコンソールにログインすると結構チュートリアルも豊富なので、まずこれを手当たり次第実験してみることをお勧めします。

その後に本を買ってもいいと思います。通常のサービスで使うサーバ、ネットワーク構成というのは限られているので、足りない知識を本で補足する感じです。

ではでは、個別のサービスに関しての感想を書いていきます。ちなみに使い方とかはチュートリアルを見てください。

EC2:
コンソール上からサーバを構築できてしまうサービスです。これってすごいことだと思いませんか?物理的なサーバを用意することもなく、OSもコンソール上から選ぶだけでサーバを用意できてしまうのです。

ただ、残念ながら私はさくらのクラウドでこの操作は経験済みで、新鮮味はありませんでした。

でも、昔ならばサーバを用意するのに手配から納品まで数週間、データセンター行ったり、セットアップしたりネットワークケーブルつなげたりしていたのに、それが10分くらいでとりあえず箱は用意できてしまいます。

RDS:
コンソールからデータベースを用意できるサービスです。データベースはMYSQL,ORACLE,SQLサーバ等から選べます。これは優れものです。

データベースを立ち上げるにはサーバを立ち上げた後に、さらにデータベースのソフトウェアをインストールする必要があります。

パッチが出たら当てないといけないし、結構手がかかるのです。

でもRDSならめんどくさいことはAWS側がやってくれます。立ち上げだけならコンソール上から10分くらいで終わります。

ユーザはSQLクライアントからのみ通信が可能なので、サービスの構築に専念できる。ちなみにコンフィグ周りはコンソール画面で設定です。

LAMDA:
これもなかなか素敵なサービスです。RDSではデータベースをサクッと立ち上げましたが、これはWEBのミドルアプリをサクッと立ち上げられます。

例えばJAVAで言えばTOMCATとかですね。要はWEBのミドル部分はLAMDAにお任せで、プログラマはコードを書くことに専念できるわけです。

ただし、現在は言語の制約があって、私がメインで書いているPHPには未対応。PythonとJavaには対応しているので、思い出しながら書く感じになりそうです。

また、コンソールから簡単なプログラムを書くのはいいのですが、複雑なプログラムはLAMDAで動くんでしょうか?コンソールのエディタ自体も貧弱なので開発環境としては不向きです。フレームワークも多分無理でしょう。

もうちょっと深掘りする必要がありますが、触った感じではサイトをLAMDAで全部作るというよりは外部向けのAPIを作ったりするのに向いていそうです。

S3とかネットワーク設定:
S3というのは、いわゆるファイルサーバ、FTPサーバのようなもので取り立てて目新しい感じではありませんでした。

ただS3にファイルを置けば、そのまま静的なWEBサーバーとして世間に公開できるのは結構便利かと思います。

ただ、なんかアクセス権とかセキュリティとかの設定がややこしくて、使いづらさを感じました。

また、ネットワーク設定もさくらのクラウドでやっていたので、特に目新しさはありません。

AWSではWAFがあるんですが、それとは別にACLでネットワークベースのアクセス権限を行います。さらにセキュリティグループという別の制約システムがあったり、認証周りはIAMで設定とか、なんか機能がてんこ盛り。

AWSを利用する上で、権限、役割、アクセス権を何のサービスを使ってどう管理するかがキモな気がしますが、ここがスッキリ理解できてないと使いこなすのは難しそうです。

 

総論
個別の印象はいろいろでしたが、全体の印象としては今までインフラ屋さんがやっていたことをAWSが全部肩代わりしましょうという意思が感じられました。

インフラ屋さんは失業するかネットワーク屋に鞍替えするしかないかもです。というかAWS屋さんという新しい職種が生まれるかもしれません。

一方、プログラマにとってはAWSをマスターしているかいないかで、その価値が変動する気がします。

正直、プログラミングができてAWSが大体使えれば、ほとんどのサイトは自分一人で作れてしまいます。そうゆう人は増えれば、お客さんはそうゆうもんだと思ってしまいます。

となると、プログラミングだけで頑張っている人は、使えない人扱いされる危険があったりなかったり。

ちなみに、いろんなサービスがありすぎて密林状態になっているのは、良い評価をしていいのか悪い評価をすべきか悩むところです。

とはいえ、これだけ便利なツールが提供されている以上、今後のサービスのほとんどはAWS(もしくは他のクラウド)上で運用されるようになるのでしょう。

ただ、ITサービスのうち80%くらいはクラウドで置き換わると思いますが、残りの20%は絶対に置き換わりません。

例えば銀行のATMや電車の運行システムがAWSになることは無いと思います。社会の基盤をアマゾンなどのクラウド業者に委託することは考えずらい。

オンプレでSIerがサイトを構築する案件は今後も残ります。

なのでクラウドってのは、ガチのSIerさんというよりはWEB寄りの人たちのための新しいインフラだという理解です。

愛の反対は無関心な件

読売新聞のナベツネが死んだかと思ったら誤報だったようだ。残念!

とは言え、今はそこまでナベツネが嫌いではないので、よかったねと言っておこう。

そもそも私は子供の頃は大の巨人ファンでした。しかし大きくなってくると大人の汚いところが見えてきます。

巨人の場合は金の力で何が何でも優勝を目指す、汚い集団と考えるようになり、アンチになりました。ナベツネは悪の権化です。

しかし、時は移り、アンチにも飽きてきて今は野球自体に興味がなくなっています。数年前に巨人が優勝したときも、「あ、っそ」という感じでした。

誰かの言葉かわかりませんが、愛の裏返しは憎しみではなく無関心であるというのはホントに事実だと思います。

他の例としては、私は実家が某新興宗教にハマっており、子供のころはその宗教を信じておりましたが、十代になってからはその欺瞞に気づき、親と衝突ばかりしていました。

しかし40を超えると、もうどーでもいいのです。

というか、今は実家には住んでいないので、距離をとれているのですが、たまに実家に帰った時に宗教の話は極力避けるようにしています。

まあ宗教の話をするのであれば実家にもう帰らないと宣言しているので、親も話題にしません。

あと、最近同じような反応になった事例としては、韓国に関する認識ですね。

昔は知人がいたのでそこそこ韓国好きだったのですが、近年の韓国のトンデモ行動で反韓になり。。。でももうその話題も飽きました。

今ではミャンマーとかカンボジアとか、アルジェリアのような、どっか遠い国と同じ。もうどうでもいいです。

憎しみがあるうちは、まだどっかに愛の残骸があるのだと思います。

愛が完全に失われたらもうどうでもよくなる。興味も無くなるのが人間の反応っぽいですね。

とまあ、なんとなく最近思ったことを書きましたが、別にITに記事を縛っているわけではないのでまあいいか。

ではでは今日はこのへんで。

コミュニケーションがやっぱり大事な件

今年も残すところ1か月くらいになりました。

今日は一年の中で印象に残った、とあるダメダメ事件を振り返りたいと思います。

それは、プログラムの総作り直し事件であります。

既に単体テストまで終わったプログラムを作り直すなどという、そんなバカなことがあるのでしょうか?

あるんです。

まあ、話は単純でして、要件定義を行った人と設計を担当した人が違ったわけですよ。

そして設計担当の方がかなりイケていなくて、勘違いな設計書を大量に生み出し、製造まで進んだ段階で本来の要件とまるで違うということが発覚。

そして、要件定義をした人が設計書を作りなおし、プログラム作り直し、テストし直しになりました。

私個人に実害はなかったのですが、一度作ったものを作り直しするのはかなり残念な作業ではありました。

まあ、私はパートタイムで参加したプロジェクトだったので、作業分のお金さえいただければOK牧場ですけどね。

こうゆうことが起きるから、上流工程には優秀な人を入れる必要があるのに、どうしてダメちんを入れるかな。

この業界にもう20年以上いますが、ちょいちょいバカが設計して大炎上する事があります。懲りないね。

でも、こうゆうことが起きる理由は大体わかっていて、それはコミュニケーション不足に起因することが多いのです。

今回の場合、要件定義をしたのが元請の会社で、設計から製造は下請けの会社。要件定義をした人と、設計をした人は別の会社さんなのですね。

往々にして、下請けは遠慮というか、ヘンなプライドが邪魔して質問を十分にできなかったりします。分かった振りしたりするんです。

そして間違った設計書を作るのですヨ。

とまあ、場外で気楽に批判しているようですが、私にも同じような経験があります。私の場合、クライアントの担当者がめんどくさい人でなるべく話したくなかったのです。

なので、REDMINEで指示された通りに設計してあげて、実装してあげて、そして大炎上を起こしました。

モチロン私は言われた通りに作ったと主張しました。テメーの指示が悪いんだよ。REDMINEに記録が残ってるだろ?俺は悪くない。

とはいえ、会社としてはクライアントと険悪な関係を作ってしまったのは事実で、私の社内評価は下がることになりました。

なので今は客を客と思わずに言いたいことを言うようにしてます。

会社の看板を背負うとなかなかクライアントに強く出れないんですが、フリーランスなんで言いたいことを言えるのです。嫌なら契約を切ってくれて結構。

というスタンスになってからはこのような不毛なトラブルには無縁になりましたが、今回のようにパートタイムで実装だけ手伝う形になると、どうしょうもないですね。

まあ、パートタイムなので責任取らなくていいのが救いでした。

ともあれ今日はこのへんで。

IT人材は余っている件

IT業界は人手不足な業界として、よく話題に上がります。

まあ、確かに優秀な人がいないのは事実ですが。普通のスキルの人はそれなりに居る気がしますけど。

おそらく会社や分野によって人手不足で大変だとか、いや人は余っているとか見解が違っていると思うので、ここで整理します。

まず適切な金額を提示すれば、エンジニアはすぐに集まります。これは事実。

ただし安くこき使えて、そこそこ使える奴がいないのです。IT奴隷募集!!

どうやらIT産業だけではなくて他の多くの産業で、過剰な競争をしており低賃金な労働力でなければ成立しないっていう問題を抱えているようです。

例えばコンビニ業界は、中年フリーターと外国人労働者がいなければ成り立ちません。しかし、良く考えてくださいな。そんなにコンビニって必要でしょうか?

ウチの近所には4軒ほどコンビニがありますが1つあればいいんですけどね。しかも3つはセブンイレブン。。。

ドミナント戦略だかしりませんが、利益を追求しすぎで本来のサービスの在り方を忘れている気がします。

そして、そんなアホな戦略を支えるのは低賃金な労働力です。

IT業界も同じようなもんです。何でもかんでもIT化する必要はないんですが、無理にIT化の提案をしては低賃金のエンジニアを探して苦労するって、馬鹿じゃないの?

もう一度言いますが人はいます。しかし単価が追い付いていないのです。

なので高単価を払える一部の案件に人が集中しているというのが実体だと思います。

ではこの問題を解決する方法はあるのでしょうか?個人的にはぜんぜん解決しなくていいと思います。

むしろIT人材不足でエンジニアの単価が高止まりすることを期待します。移民なんてもってのほかですよ。

低賃金な労働力を前提にして成立している企業なんてのは、いわゆるブラック企業なわけです。そうゆう企業はつぶれた方が世の中のためだと思いますが、どうでしょうか?

ではでは今日はこのへんで

実は業務知識はそんなにいらない件

今日はシステムエンジニアがどのくらいお客さんの業務知識を持っているべきかについて書いてみます。

SEの紹介文とか、教科書的なモノを読むと、SEはクライアントの業務知識に関する深い理解が必要と言われます。

確かにそのとおりなのですが、じゃあクライアントと同じくらいの知識と持っているべきかというとそれは違います。

まあ、金融とか生産管理なんかは、それでもお勉強が必要です。なので金融の案件経験者は金融システム開発では引く手あまた。

でもほとんどの案件では、業務知識は一週間くらい集中して勉強すればいけちゃいます。

案件の初期段階で詰め込み勉強すればOKです。

例えば医者向けのカルテ管理システムを作るからって、医師免許が必要ってわけじゃないですよね?

医者が話す言葉を理解できてれば、まあなんとかなる。

むしろ重要なのはコミュニケーション力なんです。医者だってシステム屋に自分と同じ知識を求めるわけがないのです。

そうではなくて、求められるのはお客さんに要件を説明してもらう上でイライラされない程度の基礎知識とあとはポイントを押さえた受け答えです。

じゃあどうやってそうゆうスキルを身に着けるかというと、、、実務で経験を積むしかないっすね。

コミュ力に関しては座学で身に着ける方法はあまりお勧めしません。これってスポーツと同じで体で覚えるタイプのスキルだからです。

私自身は大学院卒業後に営業職に1年だけついていたのですが、結構その時の経験が生きていたりします。

エンジニアになってからも、業種が違う案件を最初から経験することで鍛えられたと思われ。

つまりはいろんなお客さんに当たるしか無いのです。

そうゆう意味ではあまり大きなプロジェクトの一員で長く務めるよりは、小さなプロジェクトを渡り歩く方が有利だったりします。

まあ、だからといってフリーエンジニアになりましょうとは言いませんが、今の職場では同じようなスキルしかつけれないようなら、転職くらいは考えてもよいかもです。

ということで今日はここまで。

フリーランスエンジニア最強のスキルの件

本日はフリーランスエンジニアの最強スキルについて考えてみる。

スキルと言っても幅広くて、JavaやPHPのようなプログラミングスキルから、 インフラ構築に関するスキル、ネットワークに関するスキルなどがあります。

技術では無いスキルとしては、営業力や特定領域のビジネス知識、プロマネ経験や英語力なども含められます。

じゃあ幅広いスキルのなかで何が最強なのでしょう?

多分、営業力が最強なのですが、それってどんな仕事でも同じでしょ?という話になるので候補外にします。

あくまでエンジニアの枠内のスキルとして考えてみます。

で、結論としては、どんなことでもサクッと学習できるスキルが最強です。

なんだか抽象的すぎると思いますのでもう少し説明します。

要するにお客さんからこんなことをやりたいと言われたら、NOと言わないで、とりあえず勉強してサクッと実現できる能力が最高なんだと思います。

例えばお客さんが人工知能に関心があって、金はあるからAI使ったマッチングサイトを作りたいと言われた場合、即効で人工知能に必要なスキルを身につけて実現できるエンジニアが最強なのです。

IT系の技術なんてのはどんどん変わります。どのようなスキルが良いかなんて時代の流れ次第で変わるんです。

ならば必要なときに必要な技術をサクッと覚えるスキルが最強なわけです。

ではこのスキルを身に着けるにはどうしたら良いのでしょうか?

ミモフタもない言い方ですが、普段から幅広く勉強しておくだけです。たとえば人工知能が最近は熱いので、じゃあ個人的にパイソンで人工知能のライブラリを使ってなんか作ってみるってこと。

さすがにまったくの未経験で人工知能を使ったサイトを作ることはできません。でも過去に少しやったことがあれば、お客さんの要望に応えることはまあ可能です。少なくとも外注に出したりは出来る。

もちろん人工知能の専門家になるには大量の学習が必要です。理論的なものから実装関係まで極めようとすると数年の学習期間が必要でしょう。

しかしITの現場で求められるのは学術的なものではありません。ビジネスにおいてそれなりに使えればいいのです。そうなると要求されるスキルは限定的、底の浅いものになります。

それこそ、適切なライブラリをつかって、既存のツールを組み合わせればなんとかなったりする世界です。伝統工芸の職人さんみたいに10年とかの修業はいらない。

こうゆう背景を考えると、幅広くいろんな技術をプライベートで試せるスキル、要するに技術的な好奇心が尽きないエンジニアが最強という結論になります。

ではでは今日はこの辺で。

 

理想のIFなんてない件

歴史番組なんか見ていると、江戸時代の鎖国がなければ日本は100年早く近代化できたのに。。。

とかいうコメンテータがたまにおりますが、もうアホかと。。。

欧米以外の国では日本が世界で一番初めに近代化したのです。この事実を忘れていませんか?

似たようなロジックで思い出したんですが、もしヨーロッパ中世の暗黒時代がなければもっと早く近代科学が発達したのに残念だ。という文章を読んだことがあります。

でもご存知のように近代科学は西洋で生まれたのです。ということは結果から素直に考えれば

日本の近代化には鎖国が必要だったし、近代文明にはヨーロッパ中世が必要だった

という結論になるはずです。

まま、歴史の話は大きすぎるのでもう少し個人的な話に持っていきましょう。

私自身も、あの時ああしていれば。。。。とか過去を後悔することは結構あります。しかしちょっと冷静になって考えると、必ずしもそのIFでよりよい人生になったかどうかは誰にもワカリマセン。

日本の歴史に話をもどせば、もし幕府の鎖国政策がなかったら、日本はとっくに植民地になっていたかもしれないってことです。

ちなみに私がよく後悔するのは高校時代のことです。あることがきっかけで高校の教師とケンカして登校拒否しておりました。進学コースのそこそこ頭のいいクラスにいたので、友人の多くはMARCH以上の私大か、旧帝国立大に行っていました。

しかし私だけ無名の中堅私大に行くことになり、コンプレックスを抱えます。もしあの時頑張って高校に行っていたらもっといい学校に行けたのに。。。

でも、冷静に考えると高校は中退しないで、自宅で最低限の勉強は続けていたのです。また高校側もテストは受けにくるのでなぜか出席扱いにしてくれたり。

なので、無名でも大学にはかろうじて行けた。

もしあの時、高校中退で家に引きこもっていたら、今頃は中年ニートだったかもしれません。それは誰にもわからない。

どうもみんな過去のIFに関しては良い方にばかり考えがちです。でも、本当にそうでしょうか?

もし今の生活がまあまあ納得できるなら、これでよかったのだと考える方が精神衛生上いいと思いますよ。

ではでは今日はこの辺で