IT業界話

さて何書きますか

更新日:

ブログの投稿も3記事目、そろそろ役立つ情報を提供せねば!

というわけで、一発目は、なんでITエンジニアの料金はこんなにも高いのか?について説明します。

ITエンジニアといってもスキルレベルによって値段はさまざまですが、まともな、使える、安心できるエンジニアを1か月雇おうと思ったら、月に50万円~70万円は用意しなければなりません。

普通のアルバイトとか、派遣の事務員とかに比べると、びっくりするくらい高いと思います。

これには2つの要素がからまっております。それは専門性と多重派遣構造です。

まず、ITエンジニアという仕事ですが勉強することがとても多いのです。プログラミングだけならいいのですが、データベースとか、インフラとか、通信とかジャンルが幅広く、しかも専門性も深い。

医者とか弁護士とかに比べればたいしたことないとは思いますが、それでも毎日勉強する必要がある職種です。

となると、人材の希少性は高まっていきますので値段が上がるのは必然だったりします。

そしてもう一つは多重派遣構造です。エンジニアの多くは会社に所属しており、そこから客先に常駐しているケースが多いのです。

しかもダイレクトに客先に行くケースはまれで、いくつかの派遣会社を経由しています。これは厳密には多重派遣で違法なのですが、IT業界ではまかり通っております。

たとえばエンジニアに70万円の報酬を払っていても、実は中抜きしているA社、B社とあって、エンジニアの所属する会社には50万円しか払われていないというケースはよくあります。

50万円といっても会社を運営する経費などを考えると、エンジニア本人には30万円程度しか渡されてなかったりですね。

ブラックな企業は手取り20万円いかないこともあります。

このように、希少性があり、かつ業界が高コスト体質なことからエンジニアの値段は高めに設定されているのです。

これを打破するサービスとしてクラウドワークスとかランサーズのようなWEBサービスが出てきておりますが、これもなかなかうまく活用されていないケースが圧倒的だったりします。※クラウドワークス、ランサーズ系の問題点は別の記事でまた詳しく書きます。

じゃあ、安くて安心できるエンジニアを見つける方法は無いのかと言うとあります。というか探せばすぐ見つかります。

例えば異業種交流会とかエンジニア同士の勉強会なんかに行けば、お手頃な値段のフリーランスエンジニアを見つけるのは割と簡単です。最近だとマッチングアプリなんかもあります。

ただ、エンジニアのレベルはエンジニアでしか判断できないので、これから雇おうとしている人がアタリなのかハズレなのかを見分けるのは、ちょっと厳しいのかもしれません。

-IT業界話

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.