起業

起業実体験 失敗談

更新日:

今後は新規事業に関わる案件をメインターゲットにしたいと思っています。であれば、私の起業とその失敗経験をここで公開するのがよいのではないかと。

ちょっと残念な話ですが私の起業経験をお話しします。

それは数年前のことでした。私がまだMBAでマーケティングやらを勉強している時に、友人のA君がこんなふうに話しかけてきたのです。

「中国人の友人がEコマース事業を立ち上げたいらしいんだけど、キミってIT系の人だよね?手伝えそう?」

私自身、エンジニアとしてのキャリアの限界を感じてMBAで勉強していたのですからこれは渡りに舟。すぐにその中国人と会って話すことにしました。

事業の内容はざっくり言うと、日本に住んでいる中国人の多くは転売で小遣い稼ぎをしている。具体的にはSNS等で日本の商品の注文を本国から受けて個人輸出している。

この小遣い稼ぎをしている中国人を楽天のようなEコマースサイトにあつまれば一儲けできるんじゃないか?

ということです。確かに既に市場がある上、中国経済も順調そうだったので協力することにしました。当初は相談ベースでしたが、どんどん話が進んで、とうとうシステム開発をするところまで来てしまい、私自身もある程度の金額を出資することになりました。

メンバーも増えてきたので会社組織とし、名目上のCTOに就任。システム周りの業務を受け持ちました。

でも収入はまったくない状態で経費だけが出ていく状態。。。。

あたりまえですがサイトを作る間は無収入ですし、できあがったサイトに中国人の売人が入ってビジネスが回りだすまで入金はありません。かなりの運転資金が必要だったのです。

まあ、残念ながら売人はそうそう集まらず、ビジネスが軌道に乗る前にメンバー間の対立で空中分解となりました。

今から思うと、コマースビジネスを始めるにはもっと運転資金が必要だったと思います。それには個人出資のレベルではなく、企業にそれなりの出資してもらう必要がありました。

とまあ、こう書いていると愚痴のように見えますが、失敗したものの、やっている間は楽しかったし、今でも良い意味で懐かしく思います。

そして、もしこれから起業をしようとする人がいるならば、この経験を活かして多少なりとも協力ができるかもです。

-起業

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.