起業

スタートアップはギャンブルって話

更新日:

WEBを使ってこれから起業をしようという人には、ちょっと耳の痛い話をします。

MBA行っていた時、ベンチャーキャピタルの社長さんが講師の授業を取っていたのですが、その人が言うには出資したベンチャーのうち成功するのは、せいぜい3割程度だそうです。

ベンチャーキャピタルが出資するということは、ビジネスモデルやオペレーションまで考え抜ぬかれたプロジェクトばかりです。

プロが行けると思って金出して。。。それでも3割ですよ。かなりシビアです。

もちろんベンチャーキャピタルの定義する成功ってのは「上場」ですからビジネスを回すだけであればもう少し成功率は高いかもしれません。

また、起業と言っても、既にあるビジネスにマネして参入するだけならもう少し生存率は高いでしょう(ただし大儲けはできないです)

いずれにしてもスタートアップで100%成功する保証は絶対にないのですからどこかでギャンブルをしなければなりません。

そしてギャンブルであるならば、ギャンブルの鉄則に従う必要があります。

それは小さく負けて大きく勝つことです。負けとわかったら最小限の傷で撤退し、次の勝負に挑むことです。

スタートアップは何らかの形で必ず失敗します。重要なのは失敗しないことではなく、資金を使い果たさないということです。

キズが浅いうちに損切りして次の勝負に挑まなければならない。

繰り返しの失敗に耐えられる精神力を持つ人だけが起業家として成功できるんだろうなと思います。

ちなみに僕はそんな精神力は無いなので技術屋としてお手伝いするのがやっとだと自覚してます。

-起業

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.