働き方 IT業界話

人脈経由の紹介のメリットデメリット

更新日:

私は結構なあいだ、人脈経由で仕事をもらっています。

そのほとんどが、元同僚経由の仕事になります。

基本的にエンジニアはエージェントなどを使うよりも人脈経由で仕事をもらう方がメリットが大きいのです。やはり単価が高いですから。

一方で発注側も人脈経由でエンジニアを紹介してもらったほうがメリットがあります。やはりまともな人であるというお墨付きがある安心感ですね。

でもメリットだけでなくそれなりにデメリットもあり、今回改めて整理したいと思います。

まずは人脈で仕事をもらうメリットとは何でしょうか?

人脈経由でのエンジニア側のメリット
・単価が高い 中間マージンが無いのでこれは当然
・あらかじめどのような仕事をするのかわかる。

エージェント経由の場合、実際にどんな仕事をするのか面接で聞かないとわからないという面があります。しかも面接では本当のところどんな問題があるのかは教えてもらえません。入ってみたらデスマーチとか!

でも人脈経由の場合は、あらかじめ問題点を共有してもらうことが多いです。

人脈経由での発注側のメリット
・単価が安い  中間マージンが無いので価格交渉が可能です。
・あらかじめどんな人か教えてもらえる

とりあえず人脈を信じるなら、ヘンな人は来ません。また中間マージンが無いのでエージェントで契約するよりも安い価格で交渉が可能です。

 

ではデメリットはなんでしょうか?

人脈経由でのエンジニア側のデメリット
・金銭面の交渉がしずらい
人脈を壊す可能性があるので、あまり強い交渉はできないかもしれません。

・仕事を断れない
あきらかにつまらなかったり、デスマーチ確定だとしても人脈経由だと断りずらい。

・悪い評判を立てられない。
途中で投げたり喧嘩してしまうと、その人脈に関係する人たち全部に悪い評判がたってしまう危険があります。

・案件が限られる
あたりまえですがエージェントではないので案件が豊富ではありません。

 

人脈経由での発注側のデメリット
・金銭面の交渉がしずらい
人脈を壊す可能性があるので、あまり強い交渉はできないかもしれません。

・無茶な作業を振れない
ひどい現場と言ううわさが立ってしまうので、非人間的な扱いをすることができない

・複数の候補者の中から一番を選べない

 

とまあ書いてみましたが、一番のデメリットは複数の案件(発注側では候補者)の中からよさそうなものを選ぶことが人脈経由ではできないことかと。

なので、人脈経由で人を探しつつも、不足分はエージェントも賢く利用するというのがよさそうだと思います。

-働き方, IT業界話

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.