働き方 起業 IT業界話

エンジニアを面談するときにすべき対策とは?

更新日:

開発を外にお願いするにせよ、社内に常駐してもらい作業をしてもらうにせよ、事前にエンジニアとの面接は避けられません。

そこで今日は私なりのエンジニア面談の対策を公開しようと思います。

まずはエンジニアの何を見るのか?ここから始まります。

あなたはどんな人材が欲しいと思っていますか?あなたがエンジニア出身の社長なら話は早いと思いますが、そうでないなら、どんな人が欲しいのかを自問自答する時間が必要です。

まさにケースバイケースになってくるので、わかりやすくいくつかのパターンで分けて考えてみましょう。

 

【資金は十分あって比較的規模が大きなシステムを開発する】
この場合は技術力よりも、その人のバックグラウンドや経歴を中心に見るべきです。資金があるのであれば、追加のプログラマを入れることは可能なので、細かい技術要素よりも、過去のトラブルの話とか、それをどう解決したのかとかいう話を中心にした方がよいかと。

エンジニアと一時的に契約するだけですが、感覚としては社員を雇うつもりで、プライベートとか趣味の話もありだと思います。いずれプロジェクトの中心になる人なので、あなたとの相性も重要な要素です。

また、仕様の理解力をつかむために、あえて自分の業務を詳しく説明しないまま話を進めてみるのも手です。優秀な人なら不明点は質問してくるので、話がスムーズに進むと思います。

まったく質問が無い場合は、知ったかぶりの可能性もあるので注意が必要です。

この人はアタマがよさそうだな、と感じたらあとは、性格的に問題が無いかをチェックしてとりあえず2か月契約してみるのがよいかと思います。

ある程度作業をお願いしてみて、問題ないようなら技術の選択とかメンバーの追加はお任せしてしまってよいでしょう。

 

【金は無い、でも仕事はたくさんある】
うーん、こうゆうケースは難しいです。お金が無いということは致命的ですね。しかし諦めてはいけません。

お金は無いけども、その代わり勤怠の条件を緩めるとか、リモート開発を主体にするとかの条件で、結構優秀な人でも仕事を受けてくれます。

お金が無い話は確かに言いずらいです。エージェント経由での紹介だとそもそも面談の場でお金の話はご法度です。

まあ、金銭的には十分な額を用意できないことはぼんやりと伝えつつ、逆に勤怠などで希望が無いかを質問してみましょう。

但し、勤怠に問題がある人は納期の感覚もゆるい場合はあります。なので、まずは2か月の契約期間として問題が無いかを確認しましょう。

ちなみに技術的に優秀かどうかを判断することは、あなたにはできないと思います。それは相手の得意な分野なので。

一番良いのは、知人友人でエンジニアの人がいたら面談に同席してもらうことです。

 

【何を作るのか、まだ明確になっていない】
この場合は、明らかにエンジニアを雇うフェーズではありません。面談というよりも雑談をしていく中で、作業をお願いできることがあるかを探っていくべきです。

雇うというよりもビジネスパートナーになれるかどうかを見定める感じでしょうか。

 

【何をするのか明確で、業務内容も使用する技術も明確である】
こんなケースがあるのかと思われるでしょうが、あるんです。しかもよくあります。

つまり前任者がいて、喧嘩別れしていなくなったとか、バックれたとか。

こうゆうケースは簡単です。前任者の使っていた業務フロー、資料、パソコン、ツールを見せて、これと同じことをできますか?と質問するだけです。

え、前任者が何やっていたかわからないって???それは、、、社長としては失格では?

 

以上、いくつかのケースを想定してみましたが、完璧な対策というものはありません。

あえて言えば契約期間は最初は2か月にする。技術に関する質問はエンジニアにお願いするくらいでしょうか。

なお、ここではエージェントについてはあまり触れませんでしたが、エージェントを使うのはアリです。

最低限の書類審査をしてくれた後に人を紹介してくれます。(但し経歴詐称はあたりまえの世界なので信じていいのかは別問題)

また、完全に外注してしまうケース(受託開発)に関しては、エンジニアの面談と言う概念自体がなかったりします。要は開発会社を信頼するしかないわけですが、それでも担当するエンジニアを紹介してもらうのは大事なことです。

 

-働き方, 起業, IT業界話

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.