起業

起業するならまずはお金を自腹で用意してください

更新日:

ちょっとタイトルが生々しいですが、本音を書きます。

起業するにはお金はいることは、みなさんご存知だと思います。しかし口で言うのは易く、実際にお金を用意するのは大変なことです。

だから私はお金を自腹で用意できる人しか信用しません。

世の中には口だけの起業家やタダ乗り起業家がいて、そうゆう人と付き合うのは本当に時間の無駄だと思っています。

口だけってのは、アイデアばかりで実行に移さない人ですね。まあ、そうゆう人の話は聞き流していればいいのでたいして実害はないのですが、タダ乗り起業家のほうはめんどくさいです。

タダ乗り起業家って、口もうまく、プレゼンなどもうまかったりして人を集めたりできるんです。お金も引っ張ってくることができたりします。でも自分では何も用意しないんですね。

しかし自分がアイデアを出したと言って、権利だけは主張するタイプです。

私も騙されて?ちょっとだけこの手の人と関わったことがあるのですが、基本的に作業に対して支払いをするという意識が希薄です。

え!仲間から金取るの?みたいな感じで(別にあなたと起業したつもりはないですけど・・・)

別に、起業家から金を奪ってやろうというわけではないんですが、正当な報酬までお友達感覚でうやむやにされるのは困ります。

たぶん、この手のタイプは責任を取りたくないんだと思います。もし失敗してもなるべく自分の損害だけは避けたいんでしょう。

でも、そうゆう人と一緒に働きたいですか?その感覚で起業に成功する?

まあ能力があれば成功する人もいるとは思いますが、みんな馬鹿じゃないんで化けの皮がいずれ剥がれると思いますよーー

なのでもし仮に、一緒に起業をする話をいただいた場合には、まず前提条件として自腹である程度の起業資金を用意しているかどうかを確認させてもらいます。

別に金額の多寡はあまり関係なくて、その人の本気度を知りたいんですね。

本当に儲かりそうな話なら出資することも考えますが、その前提は起業家が本気なのかどうかに尽きますね。

そういえば以前、少しだけお手伝いしていた人は自力で2000万円を貯めて起業されてましたね。2000万ってすごいですよね。

でも、事業自体はうまくいったりいかなかったり。。。。どんどん貯金が減っていってると嘆いておられましたが、私はそうゆう人を助けたいと思います。

タダ働きはしない主義なのでお金はもらいましたが、請求書以上の作業はしたつもりです。

逆に口先だけでベンチャーキャピタルから1億円出資してもらって起業した人だったら、私にとっては金づるにしか見えません!

どんだけボッタくってやろうかねーーー

以上、起業と金に関して私なりの見解を述べてみました。

-起業

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.