IT業界話

ITコンサルタントがあまりいない件

更新日:

私のやっている業界(エンタメト系、WEB系、その他小規模案件)だけかもしれないのですが、ITコンサルタントって職種の人に会ったことが今まで一度もありません。

正確にはチョットした懇親会的なもので自称ITコンサルタントには遭遇したことがあるのですが、技術的な知識が初心者レベルだったのでカウントに含めず。

これって偶然なのか?私も業界歴がかなり長いですが、いないってことは実際にITコンサルタントが少ないんだろうと思われる。

ここでコンサルタントって何かを改めて考えてみる。

コンサルタントって言葉は日本語にすれば相談役ってことなので、要はなんにでも使える便利な言葉なんです。

それこそマッキンゼーのようなガリガリの戦略コンサルタントから、教育コンサルタントからお料理コンサルタントから手相コンサルタントからお掃除コンサルタントまでなんでもあり。

手相コンサルタントってのは要は占い師ですね。占い師も立派なコンサルタントです。お悩み相談されてるし。

そんな簡単になれるコンサルタントなのになぜITコンサルタントが居ないのか?多分ですがITコンサルタントの役割をしているのが実はシステム営業だったり要件定義のSEだったりプロマネだったりするからじゃあないでしょうか?

ITコンサルタントって顧客の課題をITを使って解決する仕事だと思うのですが、それってSEがやっている仕事と何が違うのかイマイチ不明瞭。

なので逆に言うとSEではできないことを期待されるのがITコンサルタントということになります。

言ってみれば戦略コンサルタント+ITのようなスーパーマンのイメージがついているのです。少なくとも私の中では。

古いIT企業のCMなんかでは、コンサルタントが社長の前でプレゼンしたり、最後に握手したりといったシーンが描かれますが、あんな感じ。

でも実際には営業さんとSEが一緒にお客さんところに行って課題をヒアリングしたり提案をしたりするのが普通だと思います。少なくとも私がやってきた業界ではね。

なのでITコンサルタントなんてそもそも需要がそんなにないんです。あるとすればSEの単価を上げるためにコンサルタントを名乗らせるとか、そんなもんでしょう。

以上がワタシ的なITコンサルタントの理解です。

ただ、案件の確定の前に参加するSE、つまり受注するために提案活動するSEと案件確定後にアサインされるSEにはスキルセットに多少違いがあることは事実。

前者は結構喋れます。プレゼンだってやれと言われればやります。お客さんの課題をITでどうやって解決できるのかも考えたりするので、そうゆうSEはITコンサルと言っても問題ないんじゃないかと思います。

私も客先で喋るのは苦ではないのでITコンサルを名乗ってもいいかもしれないのです。でも、絶対に名乗りませんけどね。

ITコンサルという言葉の胡散臭さ、もしくは過剰な期待をされると困るので、私はエンジニアでいいです。

 

-IT業界話

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.