働き方 IT業界話

専門性の罠

更新日:

エンジニアにとって専門性はとっても大事なことのようですが、IT技術に関してはやや矛盾する性質もあるように思われます。その原因の一つには技術が完璧に公開されているという特性がありそうです。

今まで考えられていた手に職と言うと、習得に時間のかかる技術や知識を覚えること、という風に理解できます。

その技術は秘密の場合もあれば公開されているケースもあります。ただし公開されていると言っても大学にいったり図書館で専門書を調べる必要があるのです。

しかしITに関してはグーグル先生に聞けばたいていのことは教えてくれます。調べるコストが劇的に下がっているのです。

一方で新しい技術が次々に生まれてきており、さらに技術自体の細分化も並行して起きています。

こうゆう状況だとあまり1つの技術にこだわり、極めたとしてもその技術はすぐにみんながマネできる状態であり、飽きられれば世の中の主流から外れてマイナー化するリスクがあります。

さらに、いわゆる後進国のエンジニアが大挙して労働市場に参加してきている状況があります。

たとえば、私は以前ベトナムのPHPエンジニアと一緒にリモート開発をしたことがあるのですが開発言語やフレームワークの知識、利用方法に関してまったく問題はありませんでした。

というか私の方が使い方知らなかったりする。。。。

手に職をつけるメリットというのは、できる人が少ないことにより高い評価が生まれることから生まれるわけで、できる人が多ければ手に職をつけても評価されません。

整理するとこうゆうことです。

・情報収集コストが劇的に下がっている

・競争相手がグローバルになり増えた

・技術の回転が速くなった

よって専門性があることにあまり価値が置かれなくなっています。この状態では、ある領域の専門家になるよりは全体をほどほど知っている程度で、細かいところは専門家に任せるポジションになるのがよいと思います。

技術そのものではなく、それをビジネスのに展開する知識と経験を持つ人が価値を生む時代と言えます。

たとえばSEなんかでも、お客さんとの要件をまとめる上流SEなんてのはこの部類に入るのではないでしょうか?

日本語という障壁がまだまだあるので、外国人のエンジニアがお客さんと直接要件をまとめることは難しいと思います。

逆にプログラミングやデバッグなんていうのは、明らかに外国人とか人工知能に置き換えが進む職種です。

暗黙知と形式知という言葉がありますが、形式知というものは言葉で表現され、みんながその言葉を使って習得できる知識のことです。

一方で暗黙知は、言葉ではなく経験でしか獲得できない知識となります。知識と言うよりは直観、感性、経験に近い概念です。

今後の世界ではITに限らず、形式知というものは、ますます外国人か人工知能に置き換わっていくものだと考えてよいです。なので形式知の分野を極めても不毛な努力になるだけ。

我々は言語化できない、暗黙知を磨くべきです。

そのためには、個別の技術を突き詰めるのではなく、全体をまんべんなく理解しておくこと。

その上で形式知にできない分野に特化してスキルを磨くことが重要だと思います。

-働き方, IT業界話

Copyright© ばしさんの開発ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.